Alimony consultation

離婚で悩んでいる人へ【慰謝料請求はプロに任せる】

慰謝料請求をする前に知っておこう

離婚の際に発生する慰謝料は、婚姻期間や離婚の原因によって異なると言われています。そのため、離婚のさいに慰謝料を請求しようと考えている人は、こういった細かい情報も調べてみましょう。

慰謝料請求はケースによって異なる?!弁護士に相談するべき内容

弁護士バッジ

離婚問題に悩んでいる人

夫が不倫をしている・モラハラやDVなどが原因となり離婚を考えているとい人は、離婚専門の弁護士に相談してみましょう。慰謝料を請求する際に必要な証拠や、必要な資料・情報などを相談者のかわりに揃えてもらうことができると言われています。証拠は、相談者が準備しなければいけない場合もあるため事前に確認しておいてください。

プロだから様々なケースに対応してもらえる

離婚問題を専門的に扱っている弁護士なら、様々なケースに対応している事が多いため相談者一人ひとりに合った最適な方法を見つけてもらうことができると言われています。子供が居る場合は、親権や面会に関する問題も相談することができるでしょう。

全ての離婚で慰謝料を請求できる訳ではない

離婚をすれば、相手に慰謝料を請求することが可能と考えている人もいますが実は場合によっては慰謝料が請求できない事もあります。そのため、どういったときに慰謝料を請求することが可能なのか調べておきましょう。

慰謝料を請求できるケース

不倫や浮気をした場合

一度の不倫や浮気の場合は、慰謝料を請求することは難しいといわれていますが継続的な行為を続けている場合は慰謝料を請求することが可能になります。しかし、不倫や浮気行為がスタートする前に夫婦関係が破綻していると請求できないと言われているため注意しましょう。

DVやモラハラ

結婚相手からの、DVやモラハラが問題となり離婚に発展した場合も慰謝料を請求することが可能と言われています。肉体的な苦痛や精神的な苦痛を子供や、自分自身が感じている場合は早めに周囲に相談しておきましょう。

悪意のある結婚生活遺棄

結婚相手が生活費を渡さない場合や、理由も無いのに相手が家を出てしまい一緒に暮らすことを拒否してしまっている場合も離婚をし、慰謝料を請求することが可能と言われています。

セックスレス

性交渉を求めても、相手が無視をするなどの拒否をした場合に慰謝料を請求することが可能と言われています。しかし、この場合は相手がEDなど身体的問題が無い場合のみと言われているため、身体的な原因があった場合は慰謝料を請求することができません。

広告募集中