借金の支払いで頭が一杯!「時効の援用で悩みを解決」

Alimony consultation

時効の援用を使うときの手続き方法【成功させるためのコツ】

どんな部分に注意するべき?

時効の援用手続きを成功させるためには、失敗しがちな注意点について事前に調べておきましょう。

失敗しやすいポイント

時効の起算日を間違う

起算日の計算を間違ってしまうと、時効の援用を使うことができなくなってしまう場合もあります。

裁判所からの督促に気づかなかった

時効の援用を成功させるためには、貸主から訴訟されないことが大切と言われています。そのため裁判所からの、督促状に気づかなかった場合は成功する確率が低くなってしまうでしょう。

時効が中断している

時効が中断していることを知らずに、時効の援用手続きを行なってしまうと成功させるのは厳しいでしょう。

債務名義を取得されていた場合

債務名義を取得されてしまった場合も、成功させるのが難しくなってしまうと言われています。そのため、専門的な機関に一度相談した方が良いでしょう。

借金の支払いで頭が一杯!「時効の援用で悩みを解決」

ジャッジガベル

時効の援用とは

借金の返済義務を、なくすことができる手続きのことを「時効の援用」と言います。この手続を使いたいという人は、専門家に相談してみましょう。手続きを代行してくれる機関なども存在します。

手続き方法

時効の援用を利用するときは、弁護士に依頼するか司法書士に相談するか、行政書士に相談するといった方法を使うことができます。しかし、手続きの相談をする場所によってフォロー面や、確実さなどの面が異なってしまうと言われています。

成功させるためのコツ

・最後に借金の支払いをしてから約5年以上は経過している
・貸主から訴訟などをおこされていない
・借金の事実をみとめていない
・貸主に時効の援用を伝えること
が成功させるためには必要と言われています。

利用前の注意点

貸主に裁判をおこされてしまったり、差し押さえをされてしまうと時効が中断されてしまい時効の援用が使えなくなってしまうと言われています。裁判の有無を知らない場合でも、時効期間が最初からのスタートとなってしまうため注意しましょう。

専門家に相談した方が安心

時効の援用を使いたいという場合は、自分で手続を行なうのではなく知識のあるプロに相談しましょう。成功させるためのコツや注意しなければいけないポイントなどを細かく教えてもらうことができると言われています。

広告募集中